つれづれSCSIyarou

scsiyarou.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 18日

GeForce6600 PCI-EXPRESS x1化

a0036132_11564483.jpgPCI-EXPRESSってバスは柔軟性が高い。
x16スロットにx4とかx1とかのカードを挿しても動くしx16形状のx8スロットなんてものフツーにあってx16カードがx8接続で動いたりする。
PCIバスも64bit対応カードを32bitスロットに挿して動くけどそんな感じ。
両者の違いは低倍率スロットに高倍率カードを挿そうとした時。
最近でこそエッジフリーなスロットが少し出てきたけど基本的にx1スロットにx16カードは物理的に刺さらない。

つーことで刺さらないなら刺さるようにしちまいましょう。
DELL鯖あたりだとスロット加工でエッジフリー化するのが定番。
でも今回はカード側に汎用性を持たせてみる。貸与機のスロットを削る訳にいかんしな。
作業は簡単、工具はカッターとペンチの類のみでOK。
x1カードのお手本を見ながらカット位置をマッキーで書いてカッターでちょっと深めに掘ってペンチでバキメリ。
カッターで面取りすると尚良し。

ということで工作完了。
さてさて…、職場の検証機に刺したらマジ動いた。HA06でも動いた。成功みたい。
GF6600はDELL鯖wikiあたりでもx1動作成功例が多いんで予想通り。
バスの規格的にはこーゆー事やっても動くべきなんだけどダメなカードもあるからね。

なんでこんな加工するかっていうとx1カードが高くて高くて仕方ねえから。
特殊なPC相手に検証仕事しててintelチップセット内蔵ビデオと単体ビデオカード使用時の比較をしたく。
でも特殊だけあってx1スロットしか無い罠→ジャンク箱から手持ちカード発掘→切ってみようみたいな。
半分は好奇心というか趣味で比較したかっただけだから買ってくれとも言いづらいじゃないですか。

普通に考えるとマルチモニタしたいのにx1スロットしか空いてない時に仕方なく挿すとか用なんだろね。
GF6600無印じゃ性能に期待できんけど一枚持ってると希に使えるかも。使えないかも。
[PR]

by scsiyarou | 2009-05-18 11:56 | PCとか


<< DELL Latitude D...      お見舞い >>